仕事と子育ての両立なのだ

仕事をしながら子育てをするのはなかなか大変です。
最近は専業主婦の割合減り、結婚して子どもを産んでからも仕事を続ける人が多いようです。
子育てをしながら仕事を続けるために、すべきことは果たして何があるのでしょう。
子育てをして、仕事もしてという生活を送るのは、核家族として暮らしている家は大変です。
とくに大変なのが赤ちゃんや幼児、小学校低学年の児童のいる家庭です。
風邪や病気が学校で流行し、病気をもらってしまう子供も少なくありません。
仕事と子育てを両立させるには、子供がいきなり熱を出した時も対処する必要があります。
小学校中学年くらいになると子どもも体力がついてきて風邪をひいて休むことも減りますしが、スポーツや習い事などで休日に親が借りだされることも増えてくる時期です。
休日は予定がたくさん入ることになるかもしれませんが、仕事と子育ての両立自体はやりやすくなってきます。
子供がまだ手のかかる時は、仕事も子育ても大変です。
全てを一人でできなければいけないと思わず、周囲の協力を上手に仰ぐことです。
家族全員で協力し合い、分担できることはやってもらいましょう。
各自治体にもファミリーサポートセンターなど子育てを助けてくれる機関がありますので、相談するのもひとつの方法です。
周囲の人や組織のサポートを受けながら子育てをしたり、仕事をしたりすることで、きつい状況でもどうにかやっていけます。